事前のトラブル対策!アンテナ工事業者の保証内容をチェックしよう

アンテナ取り付けでありがちなトラブル

テレビを快適に視聴するためにはアンテナを正しく取り付ける必要があります。
アンテナ取り付けの際にありがちなトラブルをご紹介すると、「検波方法が異なる」ということがあります。地域により水平検波と垂直検波があるのです。これは地域により異なり、その地域に見合った検波方式のアンテナを設置する必要があります。次に多いのが「強度不足」です。アンテナ設置の強度が不足していると台風や強風の易経にてアンテナが破損したり向きが変わってしまったりします。「配線の不備」もありがちです。アンテナからブースターや分配器などの配線を間違ってしまうと、アンテナに電源がいかず、テレビの視聴が不可能になってしまうこともありますので注意が必要です。

アンテナ業者の保証は?

アンテナ業者による設置の際には保証期間が定められています。1年間のところもあれば5年間のところもあります。保証期間は長い業者を選ぶのが賢明でしょう。また、保証内容についても確認しておく必要があります。アンテナ業者の設置方法が悪い場合は、保証期間内であれば修理してもらえることがほとんどですが、例えば台風などの自然災害の時はどうなのかなども確認しておく必要があるでしょう。ただし、多くの業者は自然災害に関しては保証対象外となっていることが多いため、その他の項目を要チェックです。例えば、停電が原因でテレビが映らなくなってしまった時はどうなのかなども確認しておきましょう。アンテナ業者の保証内容の濃さがどのくらいであるのか確認しておくことが大切です。